プロテクションフィルムって?

プロテクションフィルムの情報はここから!

売却時も有利になる?プロテクションフィルムのメリット

売却時も有利になる?プロテクションフィルムのメリット プロテクションフィルムの一番のメリットは、クルマのボディを傷から守ることができることですが、それによって売却時に有利になるというメリットも生まれます。
中古車買取店やディーラーで下取りに出す際に、査定が行われます。
様々な部分が査定されるわけですが、その中の一つにボディの傷の有無があるのです。
1つ傷があるごとに減点の対象となってしまいます。
それに対して、新車のような美しさをキープしていれば、単に減点対象がないというだけでなく、綺麗に乗っているといことでプラス査定の対象となる可能性があるのです。
中古車は小さな傷程度であれば、それを修理しないでそのまま現状渡しとすることが多いです。
しかし、購入者にとってみれば、傷があることはたとえ中古車であったとしても嫌なものです。
だから、買取価格からその分を差し引いて、安く売るしかないわけです。
普段からプロテクションフィルムでボディを保護していれば、確かにその分の費用はかかりますが、売却時に元が取れるというわけです。

ポリウレタンを基材に作られたプロテクションフィルム

ポリウレタンを基材に作られたプロテクションフィルム プロテクションフィルムは、車の塗装が傷まないようにカバーする保護フィルムですが、ポリウレタンを材料として作られました。
ポリウレタンはゴムのような柔軟性があり、力を加えた時に変形した物体が力を取り去るともとに戻る性質である弾性や衝撃強度にも優れています。
また、硬化しにくいため車のボディを保護することに適しており、プロテクションフィルムを貼った車に飛び石等が当たった場合、衝撃を散らばらせて吸収する事ができるため、傷つくことを防ぐことが可能です。
ドライバー等を押し当てた場合等も、柔軟性が高いたプロテクションフィルムが押し当てた力を吸収し力を分散させるため、車のボディが傷つくことはありません。
ボディには傷がつかないかわりにプロテクションフィルムには傷がつきますが、目立たないようにするか、剥がして貼り直すことも可能です。
車に乗る際必ず触れるドアカップやドアノブ等に施工しておくと、傷を防ぐことができ安心することができます。

copyright (C) 2020 プロテクションフィルムって?. All Reserved.