プロテクションフィルムって?

フィルムの形状の種類

フィルムの形状の種類

フィルムの形状の種類 プロテクションフィルムは、様々な形状に対応する事が出来る特殊なフィルムとなっています。ドアカップやドアエッジ、リアバンパーやミラー、ボンネットなど車体の様々な箇所に施工が可能です。
プロテクションフィルムは、自在性があり、伸縮性にも優れているため複雑な形状の箇所にも効果的に施工が出来るメリットがあります。車の施工する箇所によって、料金も異なりますが比較的リーズナブルな費用です。プロテクションフィルムのメリットとしては、傷が付かない、汚れから付着してもフィルム状のため塗装面を守れる点となっています。また、紫外線による塗装面の劣化も防止出来る利点があります。衝撃の緩和性もあるため、飛び石などにも有効です。マイカーの様々な箇所にフィルムを施工しておけば、外的な要因での傷付きや汚れ、劣化を避けられます。プロテクションフィルムを張るための施工費用は、必要ですが長い目で見て車のダメージを減らせる効果が期待出来るのです。

フィルムの施工が可能な箇所

フィルムの施工が可能な箇所 プロテクションフィルムはクルマのボディに傷がつくのを防ぐために行うものですので、基本的に傷がつきやすい箇所に施工します。
たとえば取手と周辺の部分です。いつのまにかひっかき傷がついてしまうことが多く、気になっている人も多いのではないでしょうか。また、飛び石などで傷がつく可能性があるのがボンネットやフェンダー、フロントバンパーなどクルマの前面部です。これらの箇所にプロテクションフィルムを貼ることで、ふいに前方車から飛び石が飛んできて傷がつくリスクを大幅に軽減させることができます。さらにドア部分やサイドシルにもプロテクションフィルムを貼ることもできます。この部分は、自分のクルマのフロントタイヤから飛び石が飛んできて傷がつきやすい部分です。
この他にも、サイドミラーやピラー、フロントガラスなどにも施工可能です。部分的に施工すれば費用を抑えることができますが、心配な方はボディ全面にプロテクションフィルムを施工することもできます。

copyright (C) 2020 プロテクションフィルムって?. All Reserved.