プロテクションフィルムって?

プロテクションフィルムの情報はここから!

プロテクションフィルムの仕上がり

プロテクションフィルムの仕上がり プロテクションフィルムの厚さは大体数mm程度に収まり、色は基本的に透明です。
そのため正しい施工が行われた場合は、貼り付けていない状態に近い仕上がりが期待できるでしょう。
最終的にどのような出来になるかを左右するのは、プロテクションフィルムそのものの品質と、施工者の技術力です。
しっかりと車体に張り付くことができる仕組みを持っていて、なおかつそれを最大限に活かすことが大切です。
またプロテクションフィルムを貼るということを逆手に取って、質感を大幅に変更するのもひとつの方法です。
マットな質感にするのがその代表例で、光を鈍く反射させることで金属味の強い見た目になります。
それとは別に敢えてより厚いプロテクションフィルムを選択して、光沢を高めるということもできます。
基本的な施工は本来の車体が持つ光沢を損なわないことを意識して行われるはずなので、それとは異なる特殊な仕上がりを希望する際は、対応できるかを含めて検討する必要があります。

プロテクションフィルムの純正品と社外製品の違い

プロテクションフィルムの純正品と社外製品の違い クルマのボディを小傷から守るために開発されたプロテクションフィルムは、他のオプションと同様に純正品と社外製品がありますが、いったいどちらが良いのだろうとかと迷う人もいるのではないでしょうか。
純正品の特徴は、そのクルマにあったサイズに加工され、品質も確保され安心感があります。
ただ、ドアハンドルなどの部分的なものが多いのと、耐候性が弱くすぐに黄ばんでしまいやすいというのが弱点です。
これに対して社外製のプロテクションフィルムは、ネット通販などで販売されている格安なものから、専門店で使用されている非常に高品質なものまで幅があります。
専門店で使用されるものは黄ばみが少なく、耐候性や耐久性に優れたフィルムである場合が多いです。
透明度も非常に高いために、ぱっと見ただけではフィルムが貼られていることがわからないほどです。
その上で美しい光沢があり、フィルム独特の厚みのある艶があります。
価格は品質がアップするほど高くなります。

copyright (C) 2020 プロテクションフィルムって?. All Reserved.