プロテクションフィルムって?

市販の保護フィルムとの違い

市販の保護フィルムとの違い

市販の保護フィルムとの違い 市販の保護フィルムは固さがあって耐久性にも長けていますが、その分だけ収縮性を犠牲にしているので曲面への貼り付けが難しくなっています。
それに対してプロテクションフィルムは、貼り付けられているのが分かりにくいくらい透明度が高く、柔軟性や伸縮性にも優れているため、平面のパーツから3次元の立体的なパーツまで幅広い範囲で保護することができます。
また、耐久性にも優れているので3年から5年は持ちますし、耐摩耗性に関しては市販の保護フィルムの数倍にもなり、約150ミクロンの分厚さと衝撃吸収力によって飛び石や引っ掻き傷などの物理的ダメージから保護することができます。
さらに物理的ダメージだけではなく、紫外線のダメージも防ぐことができるため、黄ばみの劣化を予防することもできますし、防汚性能に優れる特殊なフッ素被膜がコーティングされたプロテクションフィルムもあるので、これによって撥水性能も長時間持続させられます。

粘着性のあるプロテクションフィルムについて

粘着性のあるプロテクションフィルムについて プロテクションフィルムは、マイカーなどのボディーの表面に施工する事が出来る特殊なフィルムとなっています。
伸縮性や柔軟性に優れており、車のボディーの曲面にも施工する事が可能です。
プロテクションフィルムを施工するメリットとしては、塗装面を傷から守る効果があります。
飛び石や乗降車する際に不意に傷が入ってしまったりといった事を防止する事が出来ます。
様々な外的な要因による傷付きや汚れから車の塗装面を守る事が出来るのが、プロテクションフィルムの魅力です。
粘着性もあり、簡単に剥がれてしまう事もありません。
フロントバンパーやボンネットをはじめ、飛び石などによる傷付きは、車を走行させている以上必ず付いてしまいます。
プロテクションフィルムを施工する事で、長い期間車の塗装面を保護し続ける事が可能です。
フィルムが傷付いてしまった場合でも、張替えが可能な点も安心です。
一定の年数が経過した場合には、改めてフィルムを張り替えて良い状態を維持出来ます。

copyright (C) 2020 プロテクションフィルムって?. All Reserved.